2015年5月23日土曜日

PS2「レガイアデュエルサーガ」 プレイ日記その4

ちまちま進めています。


ようっやく!
何日かかったか不明だけどようやく下水道から先へ進めるようになりました。地下遺跡です。
こうまで日数がかかってしまったのは、決して道に迷っていたせいではないのです。いや迷いましたが。ちょっと迷っては気づけばラングが死んでいるので(その戦闘が終われば HP1 で復活してる)困っていたのです。師匠は強いから大丈夫だとは思うけど、パーティメンバー二人で強行して全滅しちゃったら困るのです。

なので、迷路状の下水道を少し進んではダラキンの町へ戻ってセーブということを繰り返していました。
お蔭で無駄に時間がかかるったら!
しかも途中で道忘れて再び迷う羽目に陥るしね!


地下遺跡は一日で通り抜けました。やったね!

地下遺跡ではリヴアスで解く仕掛けが先へ進む道を塞いでいました。
要は簡単なパズルですね。とにかく簡単です。
なぜ簡単かと言えば、ヒントがその場だったり隣の部屋の宝箱の中だったりにあるからです。


そうそう。地下遺跡でのイベントでマヤちゃんが言葉を取り戻しました。
……できれば取り戻さないで欲しかった…………
いやいやいや喋るのはいいんだけど!
戦闘中、アイテム使う時とかの掛け声が、こう、イラッと……ね?
これ、普通に攻撃できる子だったら同じ声でもウザくはないと思うんだけど……アイテム使うかせいぜいリヴアスで回復するかしかない完全回復要員(戦闘中のデフォルト行動は「ガード」)が、この声を出してるとね、うん……
早くマヤちゃんにも攻撃手段ください(>_<)

同じく武器装備してない師匠は素手で攻撃してるんだから、マヤちゃんだって素手で攻撃しても良いと思うんだ……
もちろん師匠と違って、マヤちゃんが桜貝のような爪が揃った白魚の手でドプリン城の兵士殴ったって、鉄の鎧でマヤちゃんの手が潰れるだけなのは判ってるけど……判ってるけど! せめて試すくらいして欲しいなって。


前にドプリン城から逃げる時、一人でベラベラ喋ってた喧しいボス(バルケンとかいう名前だったらしい)の兄が、手下二人引き連れて襲ってきました。
手下と三人でベラベラ喋ったりポーズ取ったりする男三人で姦しいこのボスの名前は、確かレイノフ。

全滅しました!

今日はここまでにしておきます……


このゲーム、防御が薄いって言うか敵の攻撃力が高いって言うか……バランス悪い気がする……
けど、大抵の場合、これはゲームバランスのせいじゃなくて私が何か間違ってたり勘違いしてるだけだってことはもう知ってる!
対策考えてみます

2015年5月12日火曜日

PS2「レガイアデュエルサーガ」 プレイ日記その3

それなりに進めています。


マヤちゃんを連れて里帰りして、ナンシーをやきもきさせてみたり。(でもナンシーはそういう感じじゃないよね……)
それから金色の瞳の男がいるかもしれないガーベル山へ進んでみたり。

やっと師匠ことカザンに会えたと思ったら、ラングの「オリジン」(その名称をすぐに忘れてしまい、いつも「スタンド」と呼ぶ羽目になっている。けど書いたなら覚えられる……かな?)を目覚めさせるため、マヤちゃんと二人で移動することに。
師匠はめっちゃ強いけど、ラングとマヤちゃんはそれほどでもない……と言うか、マヤちゃんは攻撃の手を持っておらず回復するだけなので、敵が強いと回復が追いつかなくなっちゃうんだよね……師匠がいる時は、敵の攻撃受ける前にカザンが殲滅してくれるから、あまり体力も減らないんだけど。
そんな感じで幾度も全滅しました(>_<)
仕方ないから、ちょっと進んでは師匠のあばら家に戻って回復する感じに。

手間暇かかったけど、遂にラングの「オリジン」……名前は忘れたけど、彼が目覚めました。
(これで師匠と一緒に行動(`・ω・´) と思ったら、再び、マヤちゃんと二人で重要アイテム取りにダンジョン進ませられて大変だったんだけどね……)


山を降りて、今度は師匠を連れてノールへ戻ってみました。
師匠が「怖いおじいちゃん」の称号を得ました(`・ω・´)


ラングが追う蒼聖石(故郷ノールから金色の瞳の男に強奪された「水の石」のこと)がドプリン城に運び込まれているらしいとのことで、再びドプリン城へ向かうことに。
しかし、当たり前と言えば当たり前なんですが、城下町から城へ入ろうとしても入れてくれません。
結果、地下下水道を発見し、そこから侵入することとなりました。

……確か、初プレイの時にも苦労した気がするんだけど……全然進めません!

敵が強いんだよ……(´・ω・`)

途中で街へ戻ってはセーブする羽目になっています。
全滅は避けたいので!


以前はもう少し大胆に進めていた気がするんだけど……
人は年齢を重ねると臆病になるよね……という、知りたくもなかったことを知ることになってしまった、哲学的ゲームですね!

2015年5月4日月曜日

PS2「レガイアデュエルサーガ」 プレイ日記その2

長々とはプレイしていませんが、少しずつ進めています。
プレイのお供は、自分がかつて記したアーツ一覧とプレイ日記です。


以前書いたプレイ日記の 2日目、プレイ時間 4時間25分の辺りまで到達しました。
感想:石田ーっ!!!!


マヤちゃんは、声が出ないから呪文が使えないのではありませんでした。
攻撃手段がない(武器を持っていない装備していない)から、攻撃できないのでした。
オリジンは声が出なくても使えるようです。
そもそも、マヤちゃんの声が出ない状態だって、マヤちゃんのオリジンであるリヴアスはベラベラ喋ってるんだから、そりゃ使えますよねっていう。


ベラベラ喋り捲る俺様との戦い(キャラ名忘れました)で、マヤちゃんに経験値入れるのにちょっと苦労して何度かやり直しました。
無事、なんとかなりました。
相手の攻撃がランダム(完全にランダムではないけど)なので、運が向けばどうにかなるのです(`・ω・´)


ところで、以前プレイした時に、同居人がマヤちゃんを見て「なんだこのオバQみたいなの」って言ってました。
今日も、やっと出てきたマヤちゃんを見て「この子、オバQみたいだね」って言ってました。

……干支が一巡する以上の時間が経っても、人の感性って変わらないんですね……