2010年9月10日金曜日

PSP「二世の契り」 コンプ後感想 1

さて、一応フルコンプした訳ですが。
一昨日書いた通り、用語帳が二個埋まってません。
ア行「荒川伊豆守」と「泉守」の間と、タ行「多聞」と「端午の節句」の間。
一体何処で取れるのか皆目見当もつかず。
おそらく選択肢の組み合わせなんじゃないかと思うんですが……発見するまで頑張る気にはなれないので諦めます。


で、コンプしたので統括感想。


システムはほぼ問題なし。
前にも書いたけど、クイックセーブが 1アクションなのは素晴らしいです。
しかも普通のセーブ&ロードが速い!
セーブは、システムセーブに時間がかかるものの、ロードは一瞬。一秒かかりません。一番最初にロードした時は、度肝を抜かれました。

バックログとかボイス再生とか、オートとかスキップとか、基本的なシステムは全部揃ってると思います。
そして、オートやスキップが、選択肢で解除されないように設定出来るのが素晴らしい(>_<) 繰り返しプレイ前提の乙女ゲーには必須だと思うのに、滅多にないよね、この機能。
既読スキップと強制スキップの切り替えも、いつでも 1アクション(SELECT ボタン)で可能なのが便利です。
ただし、スキップはあまり速くないです。(スキップ中でもテキストエリアに表示されてる文章が二行以内なら大体読めるくらい。三行になると読み切れないけど) そりゃもっと遅いソフトもあるけれど、出来ればもうちょっと快速を期待したい。
あとはイベント回想できればなあ。KIDゲーみたいなの。(既に KID はないけど) もしくは PSP「金色のコルダ」の「想い出」みたいなの。百歩譲って回想は出来なくてもいいから、イベント一覧は欲しかったな。


データインストール出来るのには驚きました。何せ、少し前にやったオトメイトの PSP ソフトが凄かったから……
インストールのお蔭か、読み込みがまったく気にならず快適でした。ホントに同じオトメイトとはとても思えない(>_<) あ、ラブレボと B's-LOG パーティのことですが。デベロッパーが違うってだけなんだと思いますが。

インストールのお蔭だと思いますが、シーク音が殆ど気になりませんでした。シーク音するのって、起動時と終了時くらいだったかな。
結構頻繁にメモリースティックにアクセスしてたので、インストールなかったら凄いことになったんだろうなあと……インストール様々(>_<)


グラフィック関係は総じて綺麗です。
立ち絵の角度とか、イベントCG とかによっては、一部別人に見えたり、髪型が変わってるように見えるけど、許容範囲かと。
あ、でも、CG では筋骨隆々としてるのに、立ち絵はヒョロい感じなのが、ちょっと……かなり相当残念です。これはもう個人的な好みですが。(逆に言えば、立ち絵は細身で良い感じなのに、CG はいきなりガチムチになっちゃってガッカリした、という方もいらっしゃるでしょう)
あ、イベントCG が綺麗なのはいいけど、その CG が出て来るのが戦闘シーンってのは乙女ゲーとして如何なものか。


サウンド関係は……そう言えば聞いた記憶がない、と思って確認したら、BGM 切ってました。何故……
なので何も言えません。

ボイスは問題ないと思います。
と言うか、櫻井孝宏出演作品だから購入したものの、それより、大塚明夫落とせるという事実に感激した!!
もうこの一点のみで、物凄い勢いでお奨めしまくりたい!
てらそままさき落とせるのも(たぶん)珍しくて良いよね。

そうそう。
ヒロインの名前は勿論変更できます(姓は固定)が。
デフォ名だとちゃんとボイス有りで呼んでくれるのが嬉しいです。
通常「御使い様」と呼ばれてることが多いだけに、肝心な時の名前呼びがボイス有りだと感動します。
名前変更すると、無音になるのか「おまえ」とかで置き換えになるのかは確認してません。


この後、シナリオに関して言及したら、凄い長文になってしまったので、今日はここまでにします。
シナリオに関しては、多少なりとコンパクトにまとめて後日。

0 件のコメント:

コメントを投稿