2006年10月30日月曜日

PS2「マーメイドプリズム」

確か 10月26日には発売されたしメッセで頼んだので当日届いていたけど、それどころじゃなかった(ハム的な意味で)(笑)ので、始めるのが遅くなりました。

とりあえず名前はデフォでプレイ開始。なんとなく、デフォ名だと名前呼んでくれる気配を感じたから。(名前変更した感じはどうですか、Y? ──と普通に本名プレイを旨とする友人に私信(笑))
これでプレイ開始──かと思ったら、タロットカードを引かされた。適当に引いてみたら、THE WORLD だったので、そのまま進めることにする。
二周目ではなんだったっけ? 死神かなんかだった気がするけど、初期パラがだいぶ違っていた。
やっぱり THE WORLD は強いな(笑)。

プレイ開始したら、いきなり異世界名を連呼される。
まあ、それはいいんだけど、夢から覚めて出てきた弟が……こんな弟嫌だよorz
更にその後出てきた両親の汎用絵──立ち絵?──が………………orz 両親、実は既に死亡しててゾンビなんですか??
なんつーか……とても萌えない絵柄です。二周してみても慣れない(苦笑)。絵柄より色のせいかもしれないけど。

そしてマップへ──訳判らん! ソーマってなんじゃい! てか「ソーマ」と聞いたら「光流」しか思い浮かばないよorz(←物凄く年齢が限定されるネタ(笑))
とりあえず、ステータス画面があることに気づく。これ、SLG なんですかΣ(゚Д゚;) と驚く。普通に AVG だと思ってたorz←そもそも乙女は、基本 AVG だと思ってる

メニューから「ソーマ」という項目を選んでみると、ソーマ一覧、とやらが出てくる。とりあえず、ソーマとやらは宝石なり貴石なり半貴石なりのことらしい。初期状態で持っているのは「アクアマリン」と「ソーダライト」。

よく判らないまま○ボタンを押したら、ソーマのかけらを手に入れたらしい。
学校へ行くつもりなのに、自室へ入るかどうか訊かれたので「いいえ」にしてマップを見て回っていたら、突然イベントが始まる。
どうやらマップ移動には時間制限があるらしい。と言うかゲーム内の特定の時間になると、イベントが起こるらしい。
何がいつ起こるかとか、覚えておいたほうが後々楽だろうと二周目終えてから思う。最初に気づけよorz
その後しばらくは、マップで何をしたらいいのか全然判らず時間を無駄にしていたんだけど、その辺適当に移動していれば経験値を稼げることに気づく。ホント素直に AVG にして欲しかった(苦笑)。システムがアレすぎるので面倒なことしたくないよorz

で、なんだかよく判らないまま、一周目はクリアしました。
森久保狙いだったのに櫻井ED でした。なんでやorz いや途中でルートに入ったのは判ってたんだけど。まさか、ろくに好感度も上げてないのにルートへ入ってしまうとは思わなかったよ(苦笑)。
そして二周目こそ森久保狙おうとしたんだけど、好感度上げなくてもいいんだ〜とストーリー進めるだけにしたら、ルートへ入れず BadED。すげー理不尽なものを感じるorz
今二周目を途中からやり直して、今度こそ森久保ED をゲットするつもりです。
──って、声優名で呼んでないでキャラ名覚えようよorz

とりあえず、一人攻略した感想は……絵が……orz
シナリオは、まあ、いいんじゃないですかね? 超展開さえ気にしなければ。
ただ、それ以外のところで、かなり絶望的な気持ちになったので、少々コンプへの意欲が……
どこかでキャラ萌えしたら、気力も奮い立つんですが……誰か萌えられるかな? 萌えるといいなあ。

2006年10月23日月曜日

テレビ出演中

「のだめカンタービレ」、見ました。

昨日日本シリーズの中継見てて、と言うか NHK-BS1 の中継が始まるまでの5分間くらい、同居人がめんこい(フジ系列)にチャンネルを合わせた訳ですよ。私は見るのも嫌なのに!
でまあ、中継の内容はともかく。
その時にのだめの CM が流れたんです。
それを見た瞬間、予約録画しました(笑)。

と言うのも、ヒロインが「だっちゅーの」とかやってる後ろにぴよちゃんが映っていたからです。

このブログのタイトルが「blogイッキの国」ですが、この「イッキ」とは我が家のぬいぐるみ達を束ねるぬいぐるみ(イッキ♂)のことです。つまり「イッキの国」とは「ぬいぐるみバンザイ」くらいの意味です。ってそれはともかく。
このイッキがぴよちゃんのぬいぐるみなのです。(今の生まれ変わったぴよちゃんではなくて、昔「マザーグースの森」から出ていたぴよちゃん。「たまごの中からぴよ」という種類)
私が最も愛するぬいぐるみ=ぴよちゃんということなんですが。

そのぴよちゃんがテレビに出るのです。
私大喜び。イッキもリッキ(今年の春に我が家へ来た新しいぴよちゃんのぬいぐるみ)もその他イッキ一族(我が家に居るぴよちゃんの総称)大喜び。

ぴよちゃんが生息しているのは、のだめの部屋のピアノの下(抱きぐるみタイプ)とピアノの上(パイル地のぬいぐるみ推定(中))のようです。
可愛いなぁ(´∀`*)

皆様も是非、月曜夜9時にはフジ系列にチャンネルを合わせて、ぴよちゃんの愛らしい姿をご覧になってください。m(_ _)m

2006年10月19日木曜日

伝説を体験しました

昨晩、同居人の希望により、ロストユニバースとかいうアニメを見ました。
CM 見た時点で、絵柄が凄い(しかも下……ゲホッゴホッ)のであまり見たいとは思えなかったんですが。
実際に見てみると、凄かったです。効果音と絵があってないってば!
そうか、これが伝説のヤシガニを生んだ作品なのか、と感激しました。
まだ2話でも充分楽しめましたが、4話「ヤシガニ屠る」が楽しみです。

今晩、同居人の希望により、MUSASHI というアニメを見ました。
凄かったです!!
聞くところによると、1話はまだマシらしいんですが……本当にマシなの? これで??
だって絵と効果音合ってないよ? 口の動きとセリフ、ズレてるにもほどがあるよ? しかもデッサン崩れてるよ?
アクションシーンなんて、物理法則丸無視だよ? ジャンプしたまま空中に留まってるよ? あり得ない回転してるよ? 槍の柄がものすごい勢いで湾曲してるよ? つか一々ツッコムの面倒くさいほどツッコミどころ満載だよ?
アイキャッチも凄いよ? しかも巻き戻すよ?
すげーわ。これが伝説の MUSASHI ─GUN道─ の実力か!!
と思ったのに、まだまだ序の口だったとは。

参りました!!!!


で、この秋、スカパーに何が起こったのでしょうか? 伝説のアニメを立て続けに見られるなんて。
それぞれ放送したキッズステーションとアニマックスは、訳の判らん対抗意識でも燃やしあってるのでしょうか? だったら、そんなところで張りあわなくても、と思います。
とりあえず、あとはカートゥーンが財前やってくれたら完璧かな? AT-X は、おそらく「夜明け前より瑠璃色な」とかいうヤツやってくれるだろうし。
毎日楽しめそうです(笑)。

だから私は Macユーザなのかもしれない

Apple にVideo iPod とウイルスについて説明文が出されていました。
酷い話だし、Apple が平身低頭で謝罪するのは──って特に謝罪はしてませんが。
まあ、Macユーザには関係ないからいっかーって気持ちですが、私は。

ところで、この文章に関して気になったことがあります。
アップルは、Windows がこのようなウイルスに対して脆弱であることや、出荷前に問題を把握できなかったことを大変遺憾に思います。

Σ(゚Д゚;)
「Windows がこのようなウイルスに対して脆弱であることを遺憾に思う」ですって!?
いや! いやいやいや!! 気持ちは判るけど正直すぎるよ Apple さん(苦笑)。

与太はともかく。
とりあえず、もう少し文章考えたほうが良いのではないかと。(喩え英文を忠実に訳した結果でも。忠実なら良いってものじゃないと言うか程度問題と言うか(^^;)
正確には「脆弱であることを把握できなかったことを遺憾に思う」訳ですが……
って、よく考えるとそれ、自己反省と同時に「そんな脆弱なシステムだとは思わなかったよ」とイヤミ言ってるようにも取れるな(苦笑)。

私が思っていた以上に、Apple という会社はすげぇのかもしれません。

2006年10月18日水曜日

PS2「Quartett! ─THE STAGE OF LOVE─」

サックリとコンプ。
感想は、んーと、良? 可? そのくらい。

元はエロゲだったらしいんですが、当然やってないので比較はできず。
ただ、演出面で、これ PC版(つかエロゲ版)だったら良かったんだろうなあと思うこと多数。
システムがモッサリしていると言うか、反応が鈍いと言うか……
おそらく PCゲーだったらサクサク進むんでしょうが、移植がアレなのであれです。(←日本語の曖昧さを悪用)
会話のテンポ自体は良いのに、システムの問題でテンポが悪くなってるのは残念でした。

たぶん PC版では、テキストがこんなに読みづらいってことはなかったのよね? これが本当に致命的。
フルボイスじゃなかったら、30分とできなかったと思います。声で補完できるから文字を読まなくても進められましたが。
フォントが悪いのか、文字色が悪いのか、サイズ小さいのが悪いのか……おそらく全部が問題かと。
白地にグレー(黒かもしれないけど、薄めに見える)で文字が小さい──って、何処の同人サイトだ!

それから、ゲーム始めようとしたら「システムデータをセーブするには 865KB 以上の空き容量が必要です」とかなんとか表示されたんですが……
このゲームのデータのどこにそんな大容量を要してるんだーっ

あと音楽が……いや、音自体はいいんだけど。オプションでボリューム調整ができるのに、BGM の音量が小さくならないんですよ。
マニュアル見たら「※一部本編中のループする効果音に当たるものには、ボリューム調整は対応しておりません」──っておい! その、延々流れてるヤツこそが重要なんだろうが!!(SE のボリューム調整もできるけど、そちらでも対応してない)
セリフが聞き取りづらいので(音声最大にしても、BGM のほうが大きい)、音楽はカットしてしまいました。(音楽が売りのゲームなのにorz)
特にグリリバの声が、BGM アリだとまったく聞き取れないんですよね。つか、なんだ、あのグリリバの声はorz 電話越しに収録しました、みたいな音なんですが……圧縮しすぎ? パッケージにグリリバの名前を発見して喜んでいた分、ガッカリですよ。
シーンが変わる時に、BGM がいきなりブチッと切れるのも凄く耳障りで……
どうしても BGM を流してのプレイはできませんでした。
曲は良かったのに、ものすごく勿体なかったと思います。

絵は、巧拙はともかくとして、好きです。萌えます。女の子がみんな可愛いv
ただ好き嫌いの分かれる絵柄らしいです。
ついでに、絵柄の好みとは別に、巨乳フェチな方には適わない(笑)。

ストーリーは良かったです。短いし(三日でコンプしたし。早い人なら一日でコンプてきる)設定の書き込み甘いし都合よすぎる展開だけど。
本筋は「音楽院に突然現われた素人が、カルテット組んだ女の子三人を食い散らかす話」(作中で使われた単語を一部改竄)です。
で、三人の女の子がそれぞれ抱える問題を解決したりなんだりしながら、コンクール優勝を目指し、彼女もゲットする、と。
つか、短い。マジ短い。攻略キャラ三人だけだし。しかも二人目以後の大半は既読スキップで飛ばしちゃえるし。
もうちょっと個別ルート書き込んで欲しかったなあ。そもそも恋愛の過程が薄いのがいかんとも。エロゲだったら、ここでH突入なんだよなあとか思うと……え? こんな簡単に!? と萎えました。だってまだつきあってもいない段階で、フィル君が作ったバイオリンを「よく出来たんだぜ〜 使ってよ」(←こんな言い方じゃない)と渡されてお礼しなきゃと言うシャルに、フィル君が答えていわく「それじゃあ唇で」(エロゲ版は「身体で」でしょう)。しかも「別にいいよ」ってさ〜 いきなりそりゃないだろorz いくら相思相愛だとしても、それはないよorz
そういう意味で一番感情移入ができたのは、スーファルートだったかな。

前にも書いたけど、会話のテンポは良かったです。会話含めてテキストは良かった。(会話文以外は殆どないけど)
カルテットの四人もライバルカルテットの四人も、その他のサブキャラも、みんなキャラ立ってて良かったし。(これも既に書いたけど、書き込みが足りないのは残念)
キャラ立ってただけに、メイちゃんが落とせないと判った時にはガッカリしましたが。ジゼルは……あまり落としたくない(笑)。シニーナは落としちゃいかんだろ、うん。

システム周りを除いては、概ね好評価、といった感じですか。

しかし、コンプしても疑問のままなんだけど……
井上さんって、何しに出てきたの?
突然井上さんの声が聞こえたものだから、実は何かの黒幕だったり、逆に白幕(とは言わん)かも〜とか思って、次に出てくる時をまだかまだかと待ち構えていたのに、結局登場は1シーンのみって……
最後に出現した声優さんのコメントで、井上さんの分を聴くと……同制作会社の別作品のキャラがゲスト出演、という解釈でよろしいのでしょうか?
そんなの知らんがなorz せめて未プレイ者にも判るようなフォロー入れてくれよorz もしくは、まったくもってただの通りすがりだと判るような出し方にするか。
妙に意味あり気な登場だっただけに、無駄に期待して損した気分ですorz

2006年10月16日月曜日

はぴば

今日この日を心置きなく迎えるために、必死で .hack//G.U. vol.2 をコンプしました。(vol.1 でドッペル倒すの忘れてたので、フルコンプはもう無理orz)

よって、今日は楽しく GS です。

帰宅した同居人が、「ふーん、GS やってるんだ」と呟きました。
その後しばらくしてから、「ねえ。これ、2 じゃないように見えるんだけど……気のせい?」と。
気のせいじゃありません! 今日は GS無印やる日なのです!!

てな訳で。
王子、お誕生日おめでと〜(´∀`*)
出会ってから、もう 5回目の誕生日だなんて、早いものです。もう二十歳かぁ……って、あれ? そうか。ファリたんと同い年なのか。もう絶対年齢忘れないな(笑)。

ほぼノンストップで進め、先ほど無事卒業式を迎えて永遠が始まりました。
やっぱりいいなあ、王子。
他にどれほど好きなゲームがあっても、萌えキャラが居ても、GS と王子は、私にとっては特別です。と言うか、最初に ED 迎えた時から、永遠へ突入しちゃったから仕方ないの(笑)。

2006年10月3日火曜日

.hack//G.U. Vol.2 君想フ声

突然エントリが間遠になっているのは、単に G.U. やってるせいだったりします。
プレイ時間は二十数時間で、今はトーナメント二回戦が終わったところです。Lv. はハセヲが 67 で、他の人は 63〜67 です。

時間の割に育っていないのは、延々バイクミッションやっていたせいです。難しすぎるよバイクミッションorz
でも、なんとかコース3で一位になって、それで貰ったパーツで強化してコース1もクリアできました。そしたらコース4もあっさり一位。(コース5は1の前か後にクリアしたけど、貰ったパーツは使えなかったorz)
満を持して一番難しいらしいコース2に挑戦していますが、二位が最高です。どうしたら一位になれるんだorz

てな訳で、Vol.2 での新要素も楽しんでいますが、基本はやっぱり戦闘です。連撃大好き(笑)。早くチャンピオンになって、自由にアリーナで戦いたいなあ。

2006年10月1日日曜日

アニメ・コルダはどんな感じでしょうね?

ものすご〜くどうでもいいことなんですが。
先々月、神谷さんの事故の時、何か情報が書かれてはいないものかと、声優さんの blog を片っ端から徘徊して回りました。
その時に、あーこんな人も blog やってるんだ。へーこの人も。と、初めてその存在を知る blog が多かった訳ですが。
その内の一つに前田愛さんの ai-blog があります。(これを見て、もしかして バイダ so-net!? と倖せな気持ちになった。nif 見切って良かったな〜と(笑))
以来、RSSリーダーに入れて、せっせと更新チェックしています。

さて、ここからはどうでも良くなくて。
夕べもエントリされていたので、わーいとばかりに読みましたですよ。
そしたら、アニメ・コルダに出演なさるそうじゃないですか。しかも黒い人親衛隊!(ってイメージ湧かないな〜(笑))

ともかく、それで今日から放送開始のコルダを見なければ! という使命感に、益々駆られています。
ただ……岩手にテレ東系はないorz
スカパーでも早々に放送はしてくれないみたいだし。
私が見られるのはしばらく後になりそうです。
しばしばあることではありますが、見る気満々なのに見られない、というのは悲しいものがあります。


ところで、見る気満々なのに見られなかったアニメに、ホスト部があります。
確か、日テレ深夜でしたよね?
先日、と言うか、ハムがレギュラーシーズン優勝を決めた日、各局ニュースを梯子しました、当然ながら! そろそろすぽんちゅ始まるかなあと日テレ系にチャンネルを合わせたら、何やらスポーツニュースとはかけ離れた状態の番組をやっていました。
なんだろうと不審に思ってよく見ると、NANA じゃないですか!
岩手でもやってたんだ、NANA(@_@)
NANA を放送していることに関しては、驚いただけだったんですが。(もしもアニメ版が昨年出たゲーム版と同じキャストだったなら、そんな呑気なことは言ってられませんでしたが)
よく考えてみると、もしや NANA ってホスト部の後番じゃありませんでしたか? ってことは、まさかとは思いますが、岩手でもホスト部やって……た…………???
ちょっとショックだった今日この頃。まあ、今月アニマックスで始まるからいいんだけどさ。
(調べたところ、ホスト部の後番はデスノでした。NANA とは曜日が違うのかな?)


パの投手タイトルは、和巳が 4冠という恐ろしい事態に。ちょっと松坂が気の毒。
でもホールド王は久で、セーブ王は MICHEAL。えっへん。
打者部門ではガッツがホームラン王と打点王の 2冠。えっへん。(打点王はカブレラと分けあったけど)